貧脚おやじのロードバイク日記 五十の手習い

福岡在住の会社員です。50歳からロードバイクを始めて沼にハマってしまいました。

油山朝練 

今日から3月。
LOOK購入で少しモチベーションが上がった五十路男は5時半起きでせっせと仕事前に油山の朝練に向かう。
寒さもだいぶん緩んで来たので早起きはそれほど苦にならない。
元々、早起きは苦手な方ではない。
785RSは踏めば敏感に反応してグイグイと坂を登って行くような気がする。
もっと踏めと要求してきて、ヘトヘトにさせられて体力を吸い取られていく感じだ。
この要求に応えることが出来れば、その魅力を最大限に引き出すことができるのだろう。

f:id:nagacchan:20210301163524j:plain
今朝の油山も朝焼けが美しい。
毎回の事だが、朝のこの景色を見ると激坂を死にそうな形相で戦ってヘロヘロになりながら登ってきたことを忘れてしまう。
足元には今朝も沢山の喫煙者達が残していった燃えカスが落ちていた。
月曜日の朝は特にゴミが多い。
少しだけ吸殻やゴミを拾い、後から散歩に登ってくるであろう途中で追い抜いてきたご老人達に残りのゴミを託して帰路に着いた。